『かぐや』と聞くと、皆さんが思い浮かぶのは『竹取物語』のかぐや姫ではないでしょうか。

 今は昔、竹取の翁といふ者ありけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。名をば、さぬきの造となむいひける。その竹の中に、もと光る竹なむ一すぢありける。あやしがりて、寄りて見るに、つつの中光たり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。(「竹取物語」より/作者不明)

中学校の時に強制的に暗記させられたと記憶していますが、とても素敵な文章で日本語の美しさと共にかぐや姫の光り輝く登場シーンが目に浮かんでくるこの描写が大好きです。

さて、今回ご紹介するのは、五所川原市で着物をレンタルをしている『絹もの語り かぐや』さんです。

振袖レンタル、卒業式用の袴(小学生用はありません)・留袖・訪問着などのレンタルをしております。成人式はもとより結婚式のお呼ばれ、卒業式で親が着る為などでも気軽に借りることができるお店です。

サイト制作のご依頼を受けますと、サイト内で使用する画像もわんどのwebで撮影をしているのですが、今回はかぐやさんの一番の売りといっても過言ではない社長の接客の様子を写真に収めることにしました。接客風景といえば、相手役となる振袖をレンタルをするお客さん役が必要です。

そこで、ちょうどよいタイミングで来年成人式を迎える我が娘をお客さん役にして撮影することにしました(娘から、ギャラもらえるの?と聞かれました・・・汗)。お客さん役というより、来年の成人式用に着る振袖を実際に借りましたので、本気のお客さんとして挑んだガチンコ撮影となりました。

着物レンタルをしているお店は津軽地方でもいくつかあると思いますが、かぐやさんの着物はとにかく上質。正絹100%の着物だけを扱うこだわりです。その素材の良さは私のような素人でも分かるほど。触るのも恐れ多くおそるおそるになってしまいます。そんな着物をかぐやさんはどんどん広げて、好きなだけ娘に試着させてくれました。『とにかく羽織ってみないことには、自分に似合う着物は見つけられない。』というのが社長のこだわり。そして着物だけではなく、それに合わせる帯、重ね襟や帯締めなどの小物トータルで鏡の前でチェックします。それを娘が納得行くまで徹底的に繰り返します。娘が着たいもの、似合うもの、着る人をより輝かせてくれるもの、全ての条件が合うものを探し出します。同じ着物でも、身長や顔のつくり、醸し出す雰囲気によって、着物が持つ印象は変わってきますし、自分の理想とする着こなしイメージと実際着た時の印象にズレが生じることも多いそうです。それを確認しながら、世界に一つ、自分だけに似合う最高のコーディネートを提案してくれます。今回娘の場合は10着の試着の中から、これだ!という振袖が決まりましたが、今まで来店されたお客様の中にはそれよりはるかに多く試着して迷う方もたくさんいるそうです。試着する娘はとにかく楽しそうでしたが、あでやかに七変化していく我が子の様子を見る親としても、大変心がときめく幸せなひとときでした。

仕事は忘れていません。サイト用の撮影です。

とはいえ、たまに見せるお父さんとしての嬉しそうな顔。

十二単のような重ね襟もあって、とても可愛らしい。

我が娘に赤い着物は似合いませんでしたが。

ということで今回は、いち親子としてレンタル体験をさせていただきました。娘もこれから夏の前撮り、そして来年1月の成人式当日が楽しみで仕方ないようです。

かぐやさんでは、高品質の着物、それに負けない帯、そして振袖を着る本人に最も似合う最高の着こなしアイテムを全てコーディネートしてくれます。ショール、草履、バックも貸してくれるのも安心です。成人式セットですと、前撮り用のヘアセット・着付け・撮影・式当日のヘアセット・着付け・小物を含むレンタルが全て一式となっています。肌襦袢と着付けの時に使用するタオルだけ準備してくれれば、あとは何も準備する必要はないとのこと。他にあれこれ出費を考える必要がないこともうれしい点です。

振袖や着物を選んで羽織ってみてお気に入りの一着を見つける喜びは、実際に行った人でないと体感できない感動なのですが、津軽周辺で着物レンタルをご検討の方は、まずは是非サイトをチェックしてみてくださいね。(サイトは2019年4月~5月完成予定です)

まだサイトは完成していませんが、早くレンタルしたいという方は一度お店に行ってみるとよいかと思います。気さくで楽しい社長がおもてなししてくれますよ。

 

絹もの語り かぐや

0173-34-5878

五所川原市中央2-147